東リベ打ち切りはなぜ?理由を調査!連載終了で最終回が炎上しそうと話題

人気マンガ「東京卍リベンジャーズ」が、2022年11月16日発売の「週刊少年マガジン」で最終回を迎えます!

2017年から6年にわたる連載の中で、テレビアニメ化や映画化なども含め、大ヒットを記録してきましたよね。

しかし、最終回に向けてのストーリー展開について、読者からは「連載終了は打ち切りではないか?」と言われています。

この記事を読まれている方はこのような疑問をお持ちではないでしょうか。

東リベって打ち切りなの?
連載終了の本当の理由は?

\この記事を読んでわかること/
  • 東京卍リベンジャーズはなぜ打ち切りと言われるのか
  • 東京卍リベンジャーズ連載終了の本当の理由とは
目次

東リベ(東京リベンジャーズ)が打ち切りと言われている理由

人気マンガ「東京卍リベンジャーズ」が、2022年11月16日発売の「週刊少年マガジン」で最終回を迎えます!

6年間の連載の中で、テレビアニメ化映画化などを果たし大ヒットを記録してきた作品が、ついに幕を閉じます。

しかし読者の中では、

連載終了ではなく打ち切りなのでは?

との声が上がっています。

打ち切りと言われる理由は、一体なぜなのでしょうか?

それは、

最終回へ向けたストーリー展開

が原因ではないかと、思われます!

東京卍リベンジャーズは、

中学時代にタイムリープした主人公が、人生をやり直し、過去と未来を行き来しながら最悪のシナリオを変えていく物語

となっています。

タイムリープものなので、伏線が多い作品なんですね。

最終回が発表されてから連載終了までは残り5回となり、

伏線がいっぱい残ってるけど回収できるの?

など、不安な声が上がっていました。

そして、最終回間際の内容では、

主人公・タケミチとマイキーが小学生時代にタイムリープし、過去の出来事を全て良い方向に変えて、ハッピーエンドへと持って行く‥

という展開になったんですね。

このストーリー展開に読者からは、

伏線の回収が中途半端で、適当すぎる

今までのエピソードが台無しで残念‥

急いで終わらす感をすごい感じる!

など、これまでのエピソードを無視するような展開や、無理やり終わらそうとするようなストーリーに、違和感を感じる声が多くあるようです!

東京リベンジャーズの漫画を読むなら電子書籍ebookjapanがおすすめです♪
80万冊を超える国内最大級の電子書籍販売サービスです。

\最大6回使える!【半額クーポン】配布中/

/常時2,800冊超の無料のマンガあり\

東リベ(東京リベンジャーズ)は打ち切りなのか連載終了の真相

人気マンガ「東京卍リベンジャーズ」が、2022年11月16日発売の「週刊少年マガジン」で最終回を迎えます!

一部読者の間では、「連載終了ではなく打ち切りではないか」と言われているんですね。

果たして、本当に打ち切りなのでしょうか?

連載終了の本当の理由は、
明かされていません

「作者がもう飽きたのでは?」「もしかして病気とか?」などの噂もあるようですが、連載終了の真相については、明かされていなんですね。

「東京卍リベンジャーズ」は、週刊少年マガジンで売上1位を記録し、27巻は97万部の大ベストセラーとなっています。

そのため、マガジン編集部出版社が打ち切ることは、考えられません

連載終了の理由の1つとして、

人気絶頂期に連載を終了させたかった

という作者の思いがあったとも考えられます!

週間少年マガジンでは、過去にも、人気絶頂期に連載終了した作品が多くあるようなんですね。

そのため、読者の納得がいかないままラストを迎えるパターンは、珍しくないようです。

絶頂期に連載終了した「SLAM DUNK」の井上雄彦先生は、

『これ以上面白い試合は描けないと思った』
『作品のテンションが高いところで終わらせないと、作品の人気が低迷していくと思った』

などと、連載終了の理由を語っていました。

もしかしたら東リベ作者の和久井健先生も、そのような思いがあったのかもしれませんね。

まとめ

人気マンガ「東京卍リベンジャーズ」が、2022年11月16日発売の「週刊少年マガジン」で最終回を迎えます!

突然の連載終了の発表に、読者からは「伏線はちゃんと回収されるのか?」との不安の声も上がっていました。

最終回間際の内容では、ストーリーを無理やり終わらせようとするような展開に、違和感を感じた読者も多いようですね。

「伏線の回収が中途半端」
「今までのエピソードが台無し」

と、連載終了は打ち切りではないか、との声が上がっています。

東京卍リベンジャーズの連載終了の本当の理由については、明かされていません。

考えられる理由の1つとして、「人気絶頂期に終わらせたい」という作者の思いがあるのではないかと、考えられます。

作品の人気が低迷していく前に、終わらせるケースは、珍しくないようですね。

最終回に向けての残りのストーリー展開も、気になりますね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次